セックスフレンド

セックスフレンドを作る方法は出会いを探すのが超簡単な評判出会い系サイトに限ります

風俗でも遊んでいますが定期的にセックスをするセックスフレンドも何人かいます。

こちらから連絡するときもあれば、向こうから「そろそろしない?」と連絡が来ることもあって、退屈な日常性格の中でも刺激的な出会いを定期的に楽しんでます。

どうやってセックスフレンドを作るかが問題ですが、知人とか友達とかだと、そもそもセックスフレンドの関係になるためには様々な問題があり、普通に生活してるだけでは無理です。また、結婚している人ならば、立場上、知人や友人とセックスフレンドになることは無理でしょう。

しかし、セックスフレンドは欲しいという人に簡単に作る方法をお伝えします。

SNSを利用してセックスフレンドを探すのは超危険

TwitterなどのSNSを利用してセフレを探すのが流行っています。たとえば、twitterのハッシュタグ(#)をつけて#セフレとか検索すると募集しているアカウントが沢山でてきます。

これが危険なんですよ。

たとえば、素性が全く分からないためにホテルで財布を盗まれたりするなどの犯罪に巻き込まれる恐れがあります。

さらに、相手が18歳未満の場合は、金銭が絡むと出会い系サイト規制法、児童売春・児童ポルノ処罰法の違反で捕まります。これってばれなければ問題内じゃないと考え勝ちですが、補導された女の子のスマホの履歴を調べて、芋ずる式に性行為した男性を逮捕していきますので、ばれる可能性は大変高いです。

危険性があまりにも高いので、間違ってもSNSで募集しているアカウントへDMとかしちゃだめです。

セックスフレンドを作るなら出会い系サイト

出会い系サイトを利用する方法はケンタイチオシです。

アプリで登録して、メールを送るってやり取りするだけで、お願いありはもちろんのこと、お願いなしでも若い女性とセックスできます。

ケンタはこの方法で、現在も定期的にセックスしてくれる女性を確保してます。

本当は、新しく開拓したいのですけど、する暇が無いくらい、セフレから連絡が入ってくるのが困り物です。

ちなみに出会い系サイトは1年も使っていませんが、お陰様で風俗通いの回数を減らすこともできました。

実際にセックスフレンドになっている女性の数などは以下のページをチェックしてください。

3か月間出会い系アプリを実際に利用して出会った女子の数とセックスできた人数は?

出会い系アプリを実践することで、出会った女性の数はどのくらいだったのでしょうか? わずか3か月ですが、普通にこのくらいは会えました。 私のスペックは46歳の会社員ですが、20代や30代ならば、若ければ ...

もちろん、出会い系サイトにもデメリットはあります。

出会い系サイトのデメリット

サクラが多いサイトを利用してはダメ

出会い系サイト運営者側がサクラと呼ばれるバイトなどを雇って実態よりも会員数を多くみせたり、ポイントを利用させるためにメッセージを送りつける悪質な業者が残念ながらあります。

こんなサイトに登録しても絶対に女の子とであることはできません。

特にサービス開始直後とか、アダルトサイトなどの広告のサイトなどは聞いたことのないで出会い系サイトが沢山ありますので、くれぐれもそんなサイトに登録しないでください。

会員数が少ないサイト

会員数が少ないサイトは、選べる女性も少ないので、自然とメッセージのやり取りも少なくなります。時間の無駄なのでそういうサイトも登録するのは止めておきましょう。

お願いありが当然のパパ活系サイトを利用しない

以下のサイトはパパ活系サイトですが、男性は年収が1000万円以上超えでないと登録できないうえに、お願いありという前提で交渉しなければいけません。

お金に余裕がある方以外は登録するのは時間の無駄です。

  • Pato(パト)
  • paddy67
  • シュガーダディ

-セックスフレンド